うつ病でも働ける場所|就職活動・職業訓練

スポンサーリンク

うつ病のために長期の休養、さらに退職を余儀なくされる人が毎年のように増えています。

休養が長期におよび復職が叶わなかった人も含めると、さらに多くの人がうつ病のために働けなくなっているのです。

うつ病の症状が軽くなり、または長期療養後に復職できる職場を見つけることは容易なことではないのが現状です。

うつ病の人を雇う会社はどうのような点を重要視して採用に至ることになるのか検証しました。

うつ病の方が働ける場所を見つけられるのにお役立てください。

うつ病でも採用されるのか

障害年金は精神障害者も適用対象となります。うつ病は精神障害となりましので採用する側としてみれば長期的に働けることができるのか、採用した場合にきちんと職場に適応して仕事を続けられるかなど懸案事項が多くあります。

そのため採用には慎重なる企業がほとんどです。前の職場での退職理由は必ず聞かれます。採用する側は長期で働ける人材を獲得したいです。

退職理由を曖昧にしてしまうと心象が悪くなりましし採用に至る可能性は低くなります。

採用の判断

うつ病だと伝えた場合に採用する側は以下のことを注意して採用に至るか判断します。
うつ病の症状はひどくならないのか。職場に出来るのか。など慎重に判断して採用を判断します。

入社後に勤務を続けられる体調であるなのか裏づけを会社は得たいです。安定して働ける実績を示すためにには就職活動する前のアルバイトの実績や職業訓練の証明がありますと企業への説得力となります。

うつ病の状態を本人が判断できているか

うつ病の状態は周りからわかりづらく、本人しかわからないこと多いです。 体調が悪化した場合に、どのように対処できるのか、もし長期休養が必要となれば職場に迷惑を掛けてしまいます。

うつ病の症状が悪化した場合に、どのような対策を取るか明らかにできるようにしておきましょう。

配属先を本人の希望通り受け入れられるか 体調悪化した場合に負担のかからない部署で働けるよう配慮してもらえるのか確認しておくことも大切です。

うつ病の症状が悪化した場合に働けない状況になると長期休暇や必要になる可能性が高くなります。このようなことを防ぐために。うつ病の症状を自己分析してきちんと会社に伝えておきましょう。

うつ病でも働ける場所を見つけるために

無理せず働き始められるように、職場は通勤時間が短いところにあって、短時間勤務から勤められるのが理想です。

仕事に慣れ始めましたら少しずつ長くして、主治医とと相談しながら症状と仕事のことを情報交換して、うつ病とと向き合いながら働けるようになりましょう。

過度な心労は後々響きますので、最初は1日4時間週休2日くらいがいいでしょう。

働き始める時は調子がいいし、やる気があるからフルタイムで働きたいとおもうかもしれませんが、環境の変化のため症状が悪化するときのこと備えて決して無理は禁物です。

仕事は事務ですと、作業が1人で黙々と出来るデータ入力が、うつ病の方に向いている仕事です。

人間関係が苦手でしたら工場もありますし、体を動かしたいのであれば、回復具合と適性を考えて判断してください。

いずれにしても働けるようになったと医師の判断があってからのスタートとなります。うつ病でも働ける場所は時間が掛かるかもしれませんが、見つけることができます。

うつ病で長期療養していた人が復帰するための就労支援も公的機関で行われています。

職業訓練を受けることで勤め先に継続的に働けるという証明になります。さらに職業訓練に受けることになれば、規則正しい生活を送ることになります。

職業訓練の時間は一般的に9時から始まって長くても16時くらいで終了します。週末祝日は休みですので、心身の状態を整えて働けるようになるための状態になるために最高の環境です。

職業訓練を受ければ、うつ病も治ることもありますので、リハビリの一環として考えてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク