うつ病で無職になってしまいお金がなくなっても何とかなります

スポンサーリンク

うつ病になり働けなくなってしまったため無職になってしまったという人を知っていますしし、苦しんでいた毎日を見ています。

・何もすることができないしお先真っ暗だ
・貯金も底をついてしまう
・援助してくれる人もいない

これでは数々のを苦しみを抱えてしまい、さらにうつ病の症状を悪化させてしまいます。

うつ病で苦しい毎日を送らなければいけないのに無職で収入も途絶えてしまえば、先の見えない絶望の真っ只中です。

そんな状況であっても、無職で働けないうつ病の人を支援する制度はあります。

傷病手当金

もし従業員として働いていた会社を退職した後であったとしても支給可能な制度がるのですが、それが傷病手当金です。

健康保険に加入し保険料を払っていれば支給されます。支給期間は最長1年6ヶ月です。受給額は毎月給料の約3分の2で現金で受給を受けられます。

これだけの期間があれば傷病手当金の支給を受けながら、うつ病の治療を続けられますので、心のゆとりを持ちながら回復に図ることができますね。

ストレスはうつ病の大敵ですから、先々の生活費の不安をなくすために支援する国の制度ですので対象者は申請して活用してください。

障害年金

障害年金の受給が認められれば生活の不安はなくなります。うつ病は障害年金の対象範囲となる精神障害に当たります。

しかし、審査が厳しくなっていますので、うつ病で障害年金の受給は難しいのが現状です。

ただし入院が必要な重い症状のうつ病は障害年金の受給の対象となりますので、申請するだけでもしてみることをお勧めします。

在宅ワーク

これからは自力で稼ぐ方法となりますが、うつ病の方でも自分のペースで無理なく働ける方法を教えします。

在宅ワークでしたら自分のペースで働くことができます。データ入力などの仕事であれば初心者でもハードルは低いですし、仕事の量によって稼げる金額は大きくなります。

生活するためにお金は必要ですかが、うつ病のときに働くことはリハビリの一環だと考えるといいでしょう。

リハビリですのである程度の負荷は必要ですか、決して無理は禁物です。 お金を稼ぐよりも少しずつ働けるという感覚を取り戻すということを優先してください。

実家に帰って親の世話になる

一人暮らしですと生活費が必要になりますし、収入がなければお金が減る一方ですから、借金で日々の生活を賄うようなことになってしまうかもしれません。

借金が増えますと多大なストレスを抱えてしまいますので、うつ病をさらに悪化させてしまいます。

また一人暮らしですと家事も自分で行わなければいけませんし、うつ病になってしまえば日々のやるべきこともできなくなってしまい、規則正しい生活が送れなくなってしまうものです。

帰る実家があるのでしたら、うつ病が治るまで親の世話になることをお勧めします。

生活は実家で面倒を見てもらって、自分のできる範囲で日雇いバイトや短期バイトから始めてリハビリするのが、うつ病の回復のためにより効果的な方法となります。

うつ病になり無職になったら支援を受けましょう

生活していくための生活費があれば活きていくことが出来ます。でも、うつ病で無職の人にとって仕事を探すことは簡単なことではありません。

働きたくても働けないのはつらいですよね。だからこそ働けたないのでしたら、うつ病の治療に専念してください。

症状が軽くなってからでいいので、自分のできる範囲で先々のことを手を打っておけば今後のことも楽になりますしストレスも少なくなります。

国の制度や親など支援を受けられることがありましたら支援を受けてください。

うつ病のためにあなた自身がダメになってしまうことが最も避けるべきことです。

うつ病は病気なのですから、頼れるものがあったら頼っても好いのです。

うつ病になってしまったことを責めても何の解決にもなりませんこれから生きていくための第一歩を踏み出してください。

スポンサーリンク