うつ病だけど、お金がないから病院に行けない人のための無料低額診療

スポンサーリンク

うつ病になってしまったけれど、お金がないから病院に行けない。

それに時間が経てば良くなるだろうし、うつ病であることを忘れてしまうだろう。

そのように考えているのでしたら大きな間違いだったと後々後悔することは目に見えています。

うつ病になりやすい人は生真面目な人が多く、体と心の不調があったとしても仕事を簡単に休もうとしません。

家族からこの頃元気がないから一度病院に診てもらった方がいいのではと言われても、今の仕事が終わってからと言い続けて病院に行くことはなく、休めない間にうつ病を発症させてしまいます。

うつ病で治療していることが上司や職場に知られると昇進に影響があるかもしれないからと言い訳をする。

うつ病は心の持ちようで直すことができるし、 うつ病で働けなくなるほど自分は弱い人間ではない。

このように考えてる人は他人から自分がどのように見られているのか気にしてる人です。

周りの評価を気にするということは裏を返せば自分自身に自信を持っていないということですし、そういう人もうつ病になりやすいのです。

強さと弱さは表裏一体です。 弱さを強さで隠そうとしても限界はあります。限界を超えてしまった時ににうつ病になってしまうのです。

周りからどう見られているかとよりも自分の命を大切にしてください。

うつ病ではないかと不安に感じたり、周りの人から言われたら医師の治療を受けましょう。

うつ病は立派な病気です。病気ですから治療をすれば治すこともできるのです。

でも、お金がないので、うつ病の治療のために病院に行くことができないという人もいるでしょう。

そんな経済的理由で病院に行けない人のために全国の医療機関で無料低額診察が行われています。

無料低額診療の対象者

生活保護の受給を受けている人は医療機関での医療費は無料になります。無料低額診療は生活保護の受給を受けてはいないが、生活に困窮するため医師の治療を受けられない人を対象にしている制度です。

無料低額診療はどの病院で行われているのか

無料低額診療を行っている病院はインターネットの検索で調べることができます。

例えば「無料低額診療 ○○(住んでいる地域)」 で検索するとお近くの病院の見つかるかもしれません。

ネット以外でも役所の社会福祉担当の窓口や社会福祉協会でも病院を紹介します。

無料低額診療の相談

わからないことは無料低額診療を実施している病院のソーシャルワーカーが説明してくれます。

自分が無料低額診療の対象者になるのか、対象となった場合、診療費は無料なのか低額になるのかについても相談してくれます。

無料低額診療の申請・手続き

無料低額診療の申請手続きは病院によって異なりますが簡単な流れを説明します。

無料低額診療を実施している病院の受付で無料低額診療で診察したいと申し出、担当者となるソーシャルワーカーとの面談を行います。

面談では健康状態や収入状況を伝えます。無料低額診断の対象と判断されれば医療費が無料又は低額となります。

急病で治療が必要な場合は治療後でも面談が可能です。

無料低額診療の面談をスムーズを行うために事前予約をしている病院もあります。面談希望を電話で問い合わせたり、病院のホームページでチェックしておくことをお勧めします。

病院の面談では収入状況を確認する書類が必要になりますので、給与明細、通帳、年金通知書など 収入の証明となるもの用意しておいてください。

無料低額診療の期間

無料低額診療で治療が受けられる期間は病気を治療し生活が改善できるまでです。

期限を6ヶ月くらいまでに設けている病院がほとんどですか、生活が困窮している状態で改善できなければ申請を再度行うことも可能です。

無料低額診療の利用者数

無料低額診療の利用者は年間700万人以上に及びます。多くの方が利用していますので、うつ病でも、お金がないために病院に行けないのであれば、無料低額診療を行っている病院に相談していただければと思います。

スポンサーリンク