うつ病で働けなくなったら借金返済はどうすればいいのか?

うつ病になり働けなくなってしまった。でも生きていくためにお金は必要だけど、働くことができないから収入が途絶えてしまったので生きていくために借金するしかなかった。

その借金がみるみる増えてしまい、これからのことを考えるとさらにストレスが溜まってしまいうつ病が悪化してしまった。

うつ病のため、さらに借金で苦しむことになってしまった人たちのために、うつ病でも借金返済するためにどうすればいいかについて解説します。

借金がうつ病をさらに悪化させる

収入が少なかったり収入がなくなると生活費のためにお金を借りる人が増えていますが、お金を借りることに慣れてしまうと借金することに抵抗がなくなってしまい、さらに借金で借金を返すという悪循環に陥ってしまいます。

ただでさえ生活費に困っているということは経済的余裕がないのですから、お金を借りても返済することはできるわけがありません。

このように借金を重ねてしまいますと、一日中借金のことで頭がいっぱいになります。

返済は明日に迫っているけど財布の中身はすっからかんだし、通帳残高だって0に近づいている。これから生活していくためにはどうすれば良いのだろうか…

既に何度も滞納してしまって督促も怖いくらい来ているから、もう自分は終わりだ…

お金がなくて借金も返すことができないなら家族共々路頭に迷ってしまう…

借金のことに心が押しつぶさっては、未来に希望など持てなくなってしまいますし、うつ病が更に悪化してしまいます。

このように借金によるストレスはうつ病を誘発してしまいます。 真面目な人ほどお金を返さなければと思いますし、責任逃れをしようとしませんから一人で悩みを抱えてしまうものです。

うつ病で借金が払えなくなったらどうすべきか
うつ病になってしまったら、元気だった時のように働けるようになるまで、うつ病の治療をすることです。

うつ病を悪化させると、まったく働けない状態にまでなってしまいます。うつ病が原因で休職したり辞めたりする人が多いですか、それくらい治療が必要な病気なのです。

だからといって借金があるので働き続ければならない。体に鞭を打ってでも…

そんな状態で働き続けても、いつか倒れてしてしまうのは目に見えています。

うつ病で働けなくなると収入がなくなりますので、借金を返済できなくなりますが、そのような状況になったとしても債務整理をすれば合法的に借金を減らしたり、免除されることが可能となります。

債務整理

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があります。 自己破産が最も知られている債務整理の方法です。

自己破産が認められますと返済義務がなくなります。 つまり借金を払わなくてもよくなるということですが、メリットが大きい分デメリットもあります。

所有する財産や所有物が資産とみなされると資産を没収されます。資産とみなされるのは99万円を超える現金、20万円を超える預貯金残高、不動産、160万円を超える退職金、20万円を超える保険の解約返戻金です。

自己破産以外の債務整理でしたら、借金の額が減額され、経済状況に応じて腹枸杞とが出来る月々の返済額で支払いが継続されます。

借金を返す義務は残りますが、月々の返済額は生活していくための費用を除いた分だけの支払いに設定されますので、無理なく計画的に返済を続けることができます。

債務整理はどの方法を採用するのが最適なのかは、 専門家からアドバイスを受けて決めるてください。

債務整理を専門に扱っている法律事務所でも無料相談を受け付けています。

各都道府県に事務所がある法テラスでも無料で相談を受け付けていますし、債務整理の依頼を弁護士にする場合、費用を立て替えてくれる制度はあります。

先々のお金が不安な方でも利用できますので、無料相談を活用して 借金とうつ病の苦しみがなくなるきっかけとしていただければと願います。