うつ病でも収入を心配なく得るための心構え

うつ病で働けなくなってしまうと収入がなくなってしまい生活できなくなってしまう。

でも、どうしても働くことができないし、うつ病のために何もやる気が起こらないから、もうどうすればいいかわからない。このように途方に暮れていても今の状況が変わることがありません。

まず少しずつでいいので自分ができることを始めてみませんか?

決して無理する必要ありません。うつ病を治療しながら一歩ずつできることから進めていけばいいのですから。

うつ病による休職

うつ病が原因で一度休職しますと再び働くことが難しくなります。職場復帰ができたとしてもまた休職を繰り返すケースが多いのも、うつ病による休職の特徴です。

このことを知ってさらに絶望的な気持ちになってしまうかもしれませんが、 あなたを奈落の底に落とすためにこのようなことを話しているのでありません。

うつ病の症状が悪化している時は働かなくても治療に専念すればいいのです。生活のために収入が必要になりますが、うつ病の症状が強い時は治療に専念し、症状が軽度の時にアルバイトをする。

このように仕事を休むときはしっかり休んで、働けるときに働くということを繰り返していけばいいのです。

それでしたら、うつ病であっても自分の症状に応じて日々の生活を送ることができますし、決して無理することはないということがわかっていただけたと思います。

またアルバイトは社会復帰のためのリハビリにもなります。リハビリなのですから、決して負担にならないくらいの労働で収入が得られる軽度の仕事のものから始めることにしましょう。

うつ病で休職した人がアルバイトを選ぶポイント

うつ病の特徴として人間関係による精神的負担が大きいことが挙げられます。

人間関係によるストレスを増やさないために、事前にアルバイトの仕事内容、勤務時間、残業があるか。それ以外にも、人と関わることが多い仕事なのか、ノルマがあるかなどチェックしておき、今のうつ病の症状でも続けられる仕事なのかチェックしておきましょう。

うつ病であることを隠さない

うつ病であることを知られてしまったら、どの職場も採用してくれないのではないかと不安に思うかもしれません。

しかし、うつ病であることは隠せないですし、もし具合が悪くなって休むことになってしまえば、その時初めてうつ病だと知られると職場での心象が悪くなります。

アルバイトの採用面接の際に、うつ病であったことを伝えようにしましょう。それでも採用してくれるバイト先でしたらうつ病に理解がある証拠ですので、うつ病の症状のため休みたい時でも理解してくれるはずです。

決まった時間に働けるようにする

アルバイトには変則シフトが多いです。例えば月曜日は午前勤務、火曜日は深夜勤務など、このような勤務時間が変則的ですと心身の負担がうつ病の人には大きくなります。

うつ病を治すには規則正しい生活や睡眠時間が必要です。バランスを崩さないために最初のうちは週に3日程度で、勤務時間が変則的ではなく固定されているアルバイトを選ぶようにしましょう。

何度も言っていますが、うつ病の人にとって一番してはならないことは無理をしてしまうことです。

収入が必要だからといって、働けなくなることは本末転倒だと言うことを忘れないでください。

通勤時間が長くなく近場で働けるバイト先

通勤時間が長くなりますと負担が大きいですし、働きに行きたくないという気持ちが大きくなる危険性があります。 このようなストレスはうつ病をさらに悪化させます。

仕事が終わっても通勤時間が長いと帰宅する時間が遅くなってしまい、睡眠不足を誘発してしまい、規則正しく生活を送れなくなってしまうというデメリットがあります。

可能であれば通勤時間が30分以内のバイト先を選ぶことがベストです。

うつ病のため働けなってしまい収入がなくなることによってさらに事態を悪化してしまう可能性があります。

うつ病で働けなくなった人を支援する国の制度もありますので、無理をすることなく、あなたができることから始めてください。

うつ病は治る病気です。 ゆっくり自分のペースでいいので、平穏な日々を過ごせることを願っています。