うつ病で働けないなら生活保護の受給は受けられるのか

うつ病で働けないために生活保護の受給を受給受けなければ生活することが出来ないところまで追い込まれている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

特に働き盛り一家の大黒柱がうつ病のために働けなくなると大切な家族までも路頭に迷わせてしまいます。

それではうつ病で働けなくなった場合に、生活保護の受給を受けられるのでしょうか。今回はうつ病で働けないで人が生活保護を受給を受けられるのかについて検証しました。

うつ病で働けないからといって生活保護が認められることは簡単ではない

結論から先に言いますと、うつ病で働けないという理由で生活保護の儒教を認められることは簡単なことではありません。

まず生活保護を受ける条件について説明します。
以下の四つの条件が必要となります

・援助してくれる身内がいない
・生活していくための資産を持っていない
・病気や怪我などの理由で働くことができない

以上の条件を満たしている状態で、収入が厚生労働省が定める最低限の生活を送るための生活費以下の収入しかないことが必要となります。

これらの条件は最低限のものですので、生活保護の受給を受けるには厳しい条件があることがわかりいただけたのではないでしょうか。

まず援助してくれる身内に関してですが、実際に金銭的援助を受けていなくても両親と同居していれば援助を受けているとみなされ条件を満たさなくなります。

また身内とは3親等以内の親類であり、扶養可能か否か扶養照会が親類の自宅に送られてきます。

扶養照会を受けて援助可能と判断されれば、生活保護受給の条件は満たされなくなります。

財産に関しても厳しく調査されます。扶養が必要な家族がいるかどうかによっても変わってきますが、自己所有の貯金や土地がありましたら生活保護受給の対象外となります。

うつ病であったとしても生活保護の受給を受けるためには、貯金が底をつくまで使い果たすかと土地を売却するなどしなければなりません。不動産だけでなく自動車などの高価な資産に対しても調査されます。

生活保護の申請は福祉事務所が行いますが、最近では生活保護の不正受給が問題になっています。

審査は以前と比べてより厳しくなっていますので、簡単に生活保護を受給できると考えるのは危険です。

借金があれば生活保護を受給できない

また借金がある場合でも生活保護の申請ができません。借金は消費者金融、キャッシングローン以外にも自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなど借金の種類全てに含みます。

借金がある場合に生活保護の申請をするには自己破産の手続きをする必要があります。

ただし借金があってもイカの場合ですと生活保護との併用が可能となります。

・生活福祉金
・母子父子寡婦福祉資金

これ以外にも水道光熱費などのクレジットカード払い、家賃相当で月々の支払いが少ない住宅ローンなどの借金は認められます。

生活保護の申請のためにクレジットカードを解約する必要はありません。生活保護申請後のカードの新規申し込みや利用も生活品のに必要な範囲内でしたら問題ありません。

ただし、借金が認められないことには変わりありませんので、キャッシング枠をつけることも避けましょう。

まとめ

生活保護の受給の審査がますます厳しくなっています。条件を満たしていると思って申請したとしても拒否される場合があります。

それでも条件さえ満たしていれば、うつ病の人でも受給を受ける権利があります。

もし申請について分からないこと、申請に不備があって審査が通らなかった場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

生活保護の申請やケースワーカーの交渉も代理に行ってくれます。

弁護士が代理人となることで、条件を満たしていることや法律に基づいてケースワーカーと交渉しますので、 よりスムーズに生活保護の申請を受けられる可能性が高まります。

都道府県に事務所がある法テラスでは生活保護に関する無料相談や弁護士費用の立替代を行っています。

法テラスを活用して、生活保護の受給が受けられるかそうだしてみてはいかがでしょうか。